初心者におすすめ!【ツイッターアフィリエイト】

ネットビジネス初心者は、
「集客」が簡単なツイッターを使うのが良い!

初心者こそ「ツイッター」を選ぶべき!

ツイッターの基礎知識


まずツイッターとは何か?
ツイッターは140文字以内の短文を投稿し、
それを情報として発信していくことができる
サービスです。


最低限、下記の用語は覚えておきましょう。
フォロー・・・お気に入り登録
フォロワー・・・自分をフォローしてくれたユーザー
リツイート・・・他のユーザーの「ツイート」を
そのまま自分のツイートとしてつぶやく。


フォローは、フォロワーを集められる最も確実で
簡単な方法です。
フォローされたら、フォローし返す。
これを「フォロー返し」と言います。
他の利用者をフォローしていくことで、
フォロワーも増えていきます。


プロフィールには何を書けばいいか?
プロフィール(名刺代わり)には、自分が何に
興味を持っているどんなユーザーなのかをアピールします。


フォローするユーザーは、どのようなユーザーがいいか?
フォローするユーザーは、自分と同じ又は似た属性を
持っているユーザーに限定した方がいいです。


属性に沿ったツイートをしていった場合、
その内容に興味を示してくれる可能性が高いからです。


1日あたりのフォロー数の目安を書いておきます。
あくまで目安です。
自分のフォロワー数   フォローできる上限
0~100人        50人
100~500人       フォロワー数 + 50人
500人~         フォロワー数 × 10%


プロフィールが重要です。
「自分が集めていきたい属性にあわせたアピールのできる
プロフィールを作る」というのが質の高いフォロワーを
集めていくポイントです。


ツイッターは、フォロワーが自分のツイートに対して、
いかに反応してくれるかですべてが決まります。


多くの人の反応を左右するのが、
フォロワーの「数」と「質」です。


ツイッターで稼いでいる人、
稼いでいない人の明確な違いは、
・「魅力的なプロフィールページを作成しているかどうか」
・「魅力的なツイートでフォロワーの注目を集めているかどうか」
・「多くのフォロワーを集めているかどうか」
がその「全て」を左右しています。


プロフィールページの「5つのポイント」
・プロフィール画像
・プロフィール背景画像
・20文字以内の名前
・160文字以内のプロフィール文
・プロフィールページの壁紙


ツイートの「2つのポイント」
・140文字以内の短文
・挿入画像


上記7つの項目のみがツイッターというサイトの
差別化要因であり、稼ぐ人と稼げない人の差は
「この7つの要因にほぼ全て集約されている」と言えます。


最重要視されるのは、
「ツイートの内容とその挿入画像」です。


初心者こそ「ツイッター」を選ぶべきです。


ツイートが「面白いかどうか」
「読みたいと思われるかどうか」が、
そのツイッターユーザーの魅力を大きく左右し、
そのツイートの注目度が常に高ければ、
そのツイートには多くの人が常に「反応」していく
ことになります。


反応の高さ・・・フォロワーの質
ツイッターユーザーの注目度・・・影響力のある
「反応の取れるツイート」


魅力的なプロフィールページと
常に注目を集められるツイートこそが
質の高いフォロワーを生み、
質の高いフォロワーこそが「反応」を生み出します。


その反応の高さが爆発的な集客力や売上に
つながっていくことになります。


では、「1つの強いアカウントを所持する」のが良いのか、
それとも、「複数の弱いアカウントを所持する」のが良いのか?
「1つの強いアカウントを所持する」のが良いです。


さらに言うならば、
複数量産することで複数の弱いアカウントを育成していき、
強いアカウントを複数所持できるようになれば、
さらに稼ぐことができます。


ここでの「量産」とは、
「質の高いアカウントを増やす」ということで、
「質と量」「広く深く」という意味です。
つまり、「数万人以上のフォロワーがいるユーザーを
量産していく」ということです。


ツイッターにおいて「質」を重視するということは、
質の高いフォロワーをより多く増やしていくことです。


【まとめ】


ネットビジネス初心者は、
「集客」が簡単なツイッターを使うのが良い!


ツイッターアカウントを量産し、
フォロワーをどんどん増やしていき、
フォロワーに対して「アフィリエイトリンク」を
つぶやけば、利益がどんどん発生する。


時間とともにフォロワーの数は増えていくので、
それだけ利益も多くなる可能性が高い。


以上のことを考えると、
初心者には、ツイッターアフィリエイトがベストです!

タイトルとURLをコピーしました